読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当の強さを求める道

強いってなんだろう?

スーパーバンタム級 亀田和毅が年内世界挑戦か!?

ボクシング亀田3兄弟の3男、亀田和毅(協栄)が3月10日に後楽園ホールIBFスーパーバンタム級8位のマイク・タワッチャイと試合を行う。約3年ぶりの日本での試合。後楽園ホール初登場ということで、注目度も高く目の肥えた後楽園ホールの観客にインパクトのある試合ができるかが見所になりそう。
 
亀田和毅といえば元WBO世界バンタム級王者で、2階級制覇を狙いスーパーバンタム級に階級を上げた。兄である興毅氏がトレーナーをつとめ、世界王者返り咲きを狙って年内にも世界挑戦が噂される。そんなスーパーバンタム級であるが、この階級も有力日本人が多いため今年は混戦模様。
 
まずは現IBF世界王者は小國依載(28=角海老宝石)。
昨年大みそか、当時無敗のハードパンチャーであるジョナサン・グスマン(ドミニカ)を判定で破り王座獲得。戦前、圧倒的不利が伝えられる中、見事な番狂わせを演じた。
順調に交渉が進めば4月か5月頃に初防衛戦となるが、その相手は指名挑戦権をもつ岩佐亮佑(セレス)が有力。
 
岩佐といえば、かつてバンタム級時代に現WBC世界王者山中慎介と激闘を演じたことで有名。顔つきに似合わずアマチュア仕込みの丁寧で堅実なボクシングスタイルの正統派ボクサー。
 
そしてWBA世界Sバンタム級9位の久保隼(真正)の世界挑戦が発表された。相手はWBA世界Sバンタム級正規王者ネオマール・セルメニョ(ベネズエラ)。4月9日に大阪エディオンアリーナで試合が行われるとのこと。WBAのスーパー王者には、あのリゴンドーがいるので日本人とどう絡んでくるのか楽しみなところ。
 
さて、そんな中亀田和毅WBAの世界ランカーであるが、今回の試合に勝てばIBFのランクも手に入るだろうから、WBAもしくはIBF狙いで世界挑戦を考えているのだろうか。
 
どちらにせよ、久保が勝てばWBAIBFも世界王者が日本人ということになり、そこに亀田和毅が挑戦するとなれば注目度は高そう。
 
一方でWBO世界Sバンタム級王者はマグダレノ(米国)24戦24勝(17KO)無敗。昨年マニー・パッキャオ(フィリピン)の前座でノニト・ドネア(フィリピン)から王座を奪取。こちらは強いからターゲットからは外れそう。
 
個人的には山中慎介と死闘を演じた岩佐亮佑に世界王者になって亀田和毅と試合すれば面白い展開になりそう。
 
ノニト・ドネアやリゴンドーなど世界的に知名度がある実力者がいる階級なので、どんなマッチメークがされるか今から楽しみだ。