読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当の強さを求める道

強いってなんだろう?

山中慎介V14戦 考えられるマッチメークを妄想してみた

少し気の早い話ですが、山中慎介選手が今秋予定のV13戦に勝ったと仮定して、日本新記録がかかるV14戦の相手を勝手に妄想してみました。

まったくの妄想なので実現するかは保証できませんが、可能性のある夢のあるマッチメークをまとめてみました。

[妄想その1]

山中慎介 VS 現WBO世界スーパーフライ級王者 井上尚哉

WBOスーパーフライ級王者の井上選手。年内にローマン・ゴンザレスとの対戦が噂されていますが、井上選手はバンタムに階級を上げると明言していますので可能性はあると思います。そして両者ともに、米国リング誌の認定するP4P(パウンドフォーパウンド=全階級を通じて最も強いと思われる選手を格付けする)ランキングに名を連ねています。


https://gyazo.com/7fb2b4edaf6a877391a8bea65f7e2146

 

[妄想その2]

山中慎介 VS 現WBC世界スーパーフライ級王者 ローマン・ゴンザレス(ニカラグア

現在のP4P1位であるローマン・ゴンザレス。こちらもバンタム級へ階級を上げることが予想されています。しかしながら.....ローマン・ゴンザレスは帝拳所属でした笑
同門対決になってしまうので、実現の可能性はほぼなしです。。

 

[妄想その3]

山中慎介 VS 現WBO世界バンタム級6位 大森将平

2017年4月23日(エディオンアリーナ大阪)に現WBO世界バンタム級王者であるマーロン・タバレス(24)に同級6位の大森将平(24=ウォズ)が挑戦します。もし、大森選手が勝てばこのマッチメークはあり得るかも。ただし、タバレス VS 大森は2015年12月に挑戦者決定戦で対戦経験があり、その時は大森選手が2RTKO負けをしているので、まずはキッチリリベンジを果たしてからですね。ちなみに、この2人は同じ高校出身なので先輩と後輩ですね。

 

[妄想その4]

山中慎介 VS 現IBF世界バンタム級王者 リー・ハスキンス(英国)

リー・ハスキンスは山中慎介と対戦経験もある岩佐亮佑との暫定王座決定戦に勝ち王座を獲得した選手。このマッチメークになれば王座統一戦となるので注目度はグッと増しそう。ちなみに、リー・ハスキンスはバンタム級P4Pランキングで第3位です。しかし、羽振りが良い英国人なので日本に来るのはなかなか難しそうだと伝えられています。興行的に採算が合わないんだとか。でも、36年ぶりの日本新記録となれば採算度外視で派手にやってほしいというのが一ファンの意見です。

 

[妄想その5]

山中慎介 VS 現WBA世界バンタム級スーパー王者 ザナト・ザキヤノフ(カザフスタン

 こちらも統一戦の妄想。現WBA世界バンタム級のレギュラー王者は亀田和毅を2度退けたマクドネル(英国)だから、どうせだったらスーパー王者とやりましょ。ザキヤノフはカザフスタン出身の33歳。カザフスタンといえば、ミドル級3団体統一王者のゴロフキンと同じ国。ということは.....村田諒太 VS ゴロフキンとダブル世界戦なんていう妄想もできちゃったりします。実現の可能性は極めて低いですが。。。ちなみにザキヤノフバンタム級P4Pランキングで第6位です。以下、バンタム級の主要選手たち。


https://gyazo.com/5087a06ed4822418dd760ff94d37cb01

 

あとは、3月10日に日本バンタム級王座決定戦(後楽園ホール)で赤穂亮(横浜光) VS 田中裕土(畑中)の対戦があります。出場する赤穂亮選手は過去に2度世界タイトルに挑戦している実績ある選手なので、勝ち上がってくれば世界戦線に復帰しそう。こちらも注目の試合ですね。

以上、妄想でした。