読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当の強さを求める道

強いってなんだろう?

決戦迫る

WBC世界バンタム級タイトルマッチ12回戦

王者 山中慎介(帝拳) vs 同級6位 カルロス・カールソン(メキシコ)

 

3月2日両国国技館にて山中慎介の12度目の防衛戦が迫ってきた。

相手は26歳のメキシコ人、カルロス・カールソン。

その戦績は23戦22勝(13KO)1敗。特段目立った戦績ではない印象。

 

はっきり言って、PFP9位の山中慎介からすれば格下と言える存在だ。

予想をすればほとんどのボクシング関係者が山中の勝利を予想するだろう。

2016年ボクシング界MVP、KO賞、年間最高試合(VSモレノ戦)を獲得した脂の乗りっ切った34歳の日本のエース。

 

それでも、一抹の不安があるのはなぜだろう。

そう、あの男がV12戦で衝撃的なKO負けをしたからだ。

内山高志

2016年4月29日 大田区総合体育館。絶対王者内山の圧勝ムードに包まれていた。

それは会場の雰囲気だけでなく、メディアやファンも内山が勝つことを前提に、何ラウンドでどんなKOを見せてくれるのだろう?というのが戦前の声だ。

 

しかし、あの試合があったからこそ山中慎介は油断しないと思う。

慢心や緩み(決して内山がそうだったと言っているわけではない)が対戦相手よりも大きな相手であることを山中慎介は認識しているはずだ。

 

それに今年のバンタム級は熱い!

ここでV12を達成し、バンタム級戦線を大いに盛り上げてほしい!

果たしてV12を成し遂げた後にはどんな防衛ロードが待っているのだろうか。


チケットぴあ